個室待機部屋ってどんなとこ?

デリヘルは無店舗型ヘルスであることから、出勤している女性たちは待機部屋で待機をしなければなりません。近年は個室待機が増加していますが、こういった個室とはどういった造りになっているのでしょうか。

個室と言っても完全な部屋が用意されているわけではありません。パーティションやカーテンで区切られたスペースが用意されており、その中で待機をするのです。そのため、ネットカフェのブースを想像すると良いでしょう。これはお店によって異なりますが、ブース内にはテレビやDVDプレイヤーなどが用意されており、のんびりと時間を過ごすことが出来るのです。

これまでの待機部屋は集団待機と呼ばれるもので、大きな部屋で出勤している女性全員がそこで待機をしていました。こういった集団待機でしたらどうしても周囲の女性に気を遣うため、待機しているだけで疲れてしまうのです。さらに、デリヘルで働く女性はさまざまな事情を抱えていることから、干渉されたくないと考える方が多いのです。しかし、個室待機であれば周囲の女性がいませんので、自分だけの時間を過ごすことが出来ます。特に風俗未経験の女性は何かと不安が多いもの。そのため、集団待機は気疲れしてしまうのです。